美容最前線

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ラクトフェリン」で内臓脂肪減 ライオン、人間への有効性を確認 世界初

<<   作成日時 : 2007/04/09 13:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0

よくヨーグルトに入っているのを見かける「ラクトフェリン」ですが・・


 日用品大手のライオンは、京都府立医科大学、国立がんセンターと共同で、乳由来の多機能タンパク質「ラクトフェリン」を摂取することで内臓脂肪が低減する効果があることを、人間を対象とした試験で確認した。人間への有効性の確認は世界初という。

 被験者がラクトフェリンを2カ月間摂取したところ、腹部内臓脂肪は被験者平均で断面積比22%減少、ウエストサイズは4%減となり、有意な低減効果を示した。最も効果があった被験者は内臓脂肪が40%減少した。

 ラクトフェリンは酸などに弱く、そのまま摂取すると胃で分解されてしまう。ライオンは、胃の中で溶けず、体内に有効成分を吸収する腸にまで届いてから溶ける「腸溶加工」を施す工夫を行った。各種疾患原因のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防につながる成果とみており、今夏までにラクトフェリンを含む機能性食品などを発売する計画だ。

 ラクトフェリンの人間の摂取試験は、35〜60歳の成人12人(男性8人、女性4人)を対象に、1日当たり300ミリグラムを2カ月間摂取してもらい、ウエストサイズ、CT(コンピューター断層撮影装置)による腹部脂肪面積の変化を経時的に測定した。被験者に対しては、通常通りの生活を要請した。300ミリグラムは3個の錠剤になっており、摂取する時間やタイミングなどは自由とした。ただ「最も効果的なのは就寝前」(村越倫明・研究開発本部主任研究員)という。300ミリグラムは、各種実験から最適と判断した量。人間の母乳なら約100cc、熱処理をしていないナチュラルチーズなら約100グラムに含まれる分量に相当する。

 ラクトフェリンは、母乳や牛乳など、ほ乳類の乳に多く含まれている鉄結合性タンパク質。加熱すると分解してしまうことから、市販の殺菌済みの牛乳、加熱処理したプロセスチーズなどには含まれない。健康維持にかかわる各種の役割を持つタンパク質として注目され、牛乳から取り出されたラクトフェリンは、サプリメントに配合され、市場投入されている。

(引用 フジサンケイ ビジネスアイ 3月28日8時33分)


ラクトフェリンにそんな効果があったんですね。
ただ、それよりもっと即効性を求める人は、「美容整形WEBガイド

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(15件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
メタボ予備軍ですか?
昨年、流行語にまでなった【メタボリックシンドローム】この流行語の意味をみなさんはご存知ですか?内臓脂肪型肥満という主に内臓に脂肪が貯まってしまう肥満のことで、さまざまな病気が引き起こされやすくなる状態のことのようです。 ですから、ただ単純に痩せるためだけのダイエットでは危険な状況を招く恐れも出てくるということですね・・・ 肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などのいわゆる3大生活習慣病では、それぞれが独立した別の病気ではなく、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因で... ...続きを見る
misono misono ダイエットは...
2007/04/10 20:28
肥満が引き起こす病気
肥満症で怖いのは、多くの生活習慣病のもとになりやすいということです。日本人の3大死因である、がん・脳卒中(脳梗塞や脳出血ト心臓病(心筋梗塞や狭心症)の危険因子として肥満は大きく影響しているのです。その他、日本人の間で急激に増えている糖尿病・高尿酸血症(痛風)・脂肪肝・膵炎なども、肥満との関わりが深い病気です。さらに、肥満症が及ぼす病気は生活習慣病にとどまりません。肥満症の人は、体中あちこちに余分な脂肪がついているので、のども脂肪で狭くなっています。起きているときは良いのですが... ...続きを見る
肥満
2007/05/06 10:18
高脂血症の原因
高脂血症はどのような特徴があるか血液中の脂質が過剰に増加している状態を高脂血症といいます。高脂血症ではコレステロールと中性脂肪(トリグリセライド)が増加します。体内には必要であっても、過剰なコレステロールや中性脂肪は動脈硬化の大きな原因となり、狭心症、心筋梗塞、脳血栓・脳梗塞、足などの閉塞性動脈硬化症などを起こします。脂質にはリン脂質、遊離脂肪酸などがあります。脂質には、コレステロール、中性脂肪(トリグリセライドという)、リン脂質、遊離脂肪酸があります。脂質にはリポ蛋白とアポ... ...続きを見る
高脂血症の予防と対策
2007/05/10 00:33
毎食満腹の食事を続けていたら?!
食欲旺盛で、毎食お腹一杯(満腹)に食べていたらどうなってしまうのか?好きな物ばかり栄養を片寄って食べていたりすると極端に言えば肥満や運動不足によって最悪、糖尿病またそれによる網膜症や眼底出血による失明や腎症、最悪は人工透析や神経障害、更には壊疽で足を... ...続きを見る
中性脂肪&コレステロールを減らす.com
2007/05/30 00:16
メタボリックシンドロームの正しい認識
こんばんは、暑いのが嫌いなfree(フリー)です。 ...続きを見る
ダイエット 健康=美容!
2007/06/02 23:39
メタボ克服へ目標大幅クリア−武見厚労副大臣
半年でウエスト6.9センチ減=メタボ克服へ目標大幅クリア武見厚労副大臣がメタボ対策に取組んだ効果が大幅にありましたね!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070604-00000083-jij-pol厚生労働省の武見敬三副大臣は4日、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候... ...続きを見る
中性脂肪&コレステロールを減らす.com
2007/06/04 19:40
余分なコレステロールの行き場
体にとってコレステロールは、中性脂肪のように脂肪組織に溜まっているのではなく、血液の中を移動しています。コレステロールはほとんど体外に排出されずに、最終的には動脈壁に付着することで処理されるしかありません。LDLが、LDLコレステロール、HDLがHDL... ...続きを見る
中性脂肪&コレステロールを減らす.com
2007/06/08 08:36
肥満人口増加:EU食品広告に自主規制要請
欧州連合(EU)加盟国で『太りすぎ』の人が急速に増えているため、欧州委員会は食品企業に自主規制などを要請した。欧州委は大半の加盟国で成人の半数以上が肥満か太りすぎの状況にあると指摘。欧州では野菜や果物の消費量が落ち込んでおり、とくに地中海地域では魚を中心... ...続きを見る
中性脂肪&コレステロールを減らす.com
2007/06/11 21:44
期待したいですよねバイオ燃料
地球も人間みたいにコレステロールや体脂肪が溜まってる状態ですよね。昨今、石油に代わる燃料としてバイオメタノールの名前がだんだんメディアに目立つようになってきました。まだまだ一兆一反はあるようですがいづれ限りのある石油に代わる代替策は必要ですもんね。 ...続きを見る
中性脂肪&コレステロールを減らす.com
2007/06/12 21:02
脂肪肝の食事
脂肪肝 食事脂肪肝の食事になっていませんか脂肪肝とは肝臓を構成している肝細胞に、脂肪がたまる病気のことです。要するに、脂肪肝とは肝臓に脂肪(主に中性脂肪)がたまりすぎた状態です。脂肪肝の原因は、肥満・糖尿病・アルコールの飲み過ぎなどがあげられます。で... ...続きを見る
メタボ予防
2007/06/15 17:53
高脂血症(こうしけっしょう)
中性脂肪値は外見からはわかりません。体の中にどれだけの中性脂肪があるのかということは、病院で血液検査をすることによって知ることができます。中性脂肪値が多くなり過ぎると高脂血症「こうしけっしょう」と言う血液中の中性脂肪の値が高い場合にそう呼ばれる疾患となりここから動脈硬化へと発展する危険性が高いといわれています ...続きを見る
中性脂肪を下げる.com
2007/06/19 22:26
たまり過ぎの中性脂肪は命を縮める
人間が生きていくのに必要不可欠な中性脂肪。しかし、飽食&運動不足の時代、多くの人にとって、たまりすぎた中性脂肪は命を縮める要因になりかねない。「中性脂肪のたまり過ぎ=肥満」は、生活習慣病の原因になります。 ...続きを見る
中性脂肪を減らす.com
2007/06/20 07:53
摂取カロリーを減らす
摂取するカロリーを減らせば、痩せることができます。しかし無理に食事の量を極端に減らすのではなく、食材の種類や調理方法の工夫しだいでカロリーをカットすることができます。例えば調味料をノンカロリーのものや低カロリーのものに変えるだけでも、違ってきます。調理方法でも蒸す・煮る・網焼きにするなど油を使わない料理方でカロリーをダウンすることができます。食物と料理方法の勉強で無理に量を減らすことなくカロリーダウンを目指しましょう。 ...続きを見る
中性脂肪に関するサイトです!
2007/06/20 11:22
メタボリックシンドローム改善A
メタボリックシンドローム改善Aメタボリックシンドロームの改善には食事だけではなく運動も有効です。【 1日30分程度の有酸素運動がおすすめ 】有酸素運動をすることにより中性脂肪が減少。激しい運動でなく、軽く汗をかく程度の継続できる運動にしましょう。【 どんな運動がよい? 】手軽にウォーキング。歩く時間が20分を過ぎると脂質が使われ始めるようです。ウォーキングがメタボリックシンドロームの改善によいと分かっていても習慣になるまで続かない人もいるでしょう。近所に適当なヲーキングコース... ...続きを見る
メタボリックシンドローム予防・対策
2008/02/05 23:49
脂肪吸引の術後
脂肪吸引術後はかなり痛いらしい。マッサージやアフターケアもかかさなかったり...で、最近は脂肪吸引手術なんてのも流行ってたりして... ま、一般庶民のレベルかな。 しかし、気をつけなければ 体のラインがボコボコになったり、施術後 吸引した脂肪が血管に入ったりなんかしたら 血管詰まって 脂肪で死亡するケースも起きているんですって&hellip; 母親に「脂肪吸引して腹の肉取ったらどうだ」と言われました怒 脂肪吸引の術後 ...続きを見る
脂肪吸引体験記ブログの紹介
2009/02/27 02:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ラクトフェリン」で内臓脂肪減 ライオン、人間への有効性を確認 世界初 美容最前線/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる